株式素人投資家の株主優待記録ノート

リアルに約10年かけて元金65万円を30倍にした素人が、株主優待の話題を紹介していきます

2017年度株主優待到着(サニーサイドアップ、日本マクドナルドHD、三光マーケティングフーズ、ホットランド)part27


スポンサーリンク

・「サニーサイドアップ」よりの優待券到着ですよ。

-------------------------------------------------

2017年10月2日現在
☆サニーサイドアップ
市場:東証ジャスダック・G
業種:サービス業
優待月:優待権利確定月(6月)
株価: 815円(81,500円必要)
年間配当金: 10円(税引き前1,000円)
優待情報:100株の株主には、レストラン「bills」においてオーガニックスクランブルエッグ、リコッタパンケーキ、リングイーネ、チョップサラダから2品の無償提供、併せてソフトドリンク2杯の無償提供の株主優待券。
-------------------------------------------------

f:id:akipuyo:20171002165413j:plain

 サニーサイドアップは、企業PRや販促支援(SP)が主力で、スポーツビジネスに強みがあり、飲食店(bills)など新事業開発に注力しています。業績はぼちぼち順調のようです。

 

わたしの地域周辺では優待券でお食事には行けませんが、近くにあったらすぐにでも食べに行きたいメニューですね。特にパンケーキ。これからの店舗拡大に期待するしかないですね。

 

優待券は100株のみのシンプルな優待ですが、昔よりも優待内容の改善があるので、お店に行ける方は優待の権利をとってもいいかもしれませんね。

 

 

・「日本マクドナルドHD」ついに我が家にも到着しました。到着報告がちらほら聞こえる中うちの地域は軽視されがちです(汗 到着遅すぎですわ。

-------------------------------------------------

2017年10月2日現在
☆日本マクドナルドHD
市場:東証ジャスダック・S
業種:小売業
優待月:優待権利確定月(6月・12月)
株価: 4,985円(498,500円必要)
年間配当金: 30円(税引き前3,000円)
優待情報:100株の株主には、バーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1冊になったシート6枚。
-------------------------------------------------

f:id:akipuyo:20171002165758j:plain

 日本マクドナルドHDは、外食の国内上位、世界的ハンバーガーチェーンで米国本社の影響大。FC店比率は約7割となります。説明するまでもないぐらいな有名店ですが、現在は業績回復中です。

 

マクドナルドの優待券は、バーガー類、サイドメニュー、飲物をシート1枚で一つずつ指定はありますがほぼどれでも引き換えられます。すごくお得ですが、特殊な高級バーガーなどはおそらく無理かと思います。ですが、自分が欲しいものが優待券でノーマネーで引換ができる優越感は計り知れないですね!

 

株価は10年チャート見ていただければわかりますが、現在の株価が非常に高く割高の為、わたしは今後手出しはできないかなって思います。損してもいいという方は購入されて保有もありですが、優待権利取得の為にリスクが非常にあるので、金券ショップなどで購入された方がいいかもという感じです。今では優待利回りもあまりよくないですよ。

 

 

・まいどの「三光マーケティングフーズ」からも来ました。これが届くころにはもう6月権利銘柄も終了に近づいたな~と感じます。

-------------------------------------------------

2017年10月2日現在
☆三光マーケティングフーズ
市場:東証2部
業種:小売業
優待月:優待権利確定月(6月・12月)
株価: 994円(99,400円必要)
年間配当金: 16円(税引き前1,600円)
優待情報:100株の株主には、優待券3,000円 (1,000円券×3枚) もしくは、精米1kg。
-------------------------------------------------

f:id:akipuyo:20171002165916j:plain

f:id:akipuyo:20171002165931j:plain

 三光マーケティングフーズは、「金の蔵」「東方見聞録」などの居酒屋、外食店を展開し、急拡大させた焼き牛丼事業は大量閉店しています。業績はまだ回復軌道にのらず低迷中ですね。

 

わたし正直もっと早くにここの会社は立て直すことを予想していました。居酒屋は競合も激しく売り上げも上がらない、そんなときに「東京チカラめし」という居酒屋さんの焼き牛丼チェーンを立ち上げて、メディアでも当時かなり取り上げられていました。ですが、急速に拡大を急ぎ過ぎて経営がうまく回らなくなったのでしょうね。結果大量閉店でした。

 

わたしの地域も店舗が近くにないため、一度仕事の都合で近くまで行ったときに寄ろうと思って訪れたら、その店舗は閉店していました。一度は行きたかったので、わたしにとっては残念な思い出でしかないですね。今後も一度も行くことがないかもしれない。

 

先行き厳しいのではないでしょうか・・・よい吉報があればよいですが。

 

わたしは、200株保有していますが、100株でもよいかなと最近思っています。今後もずっと業績の回復が見込まれない場合は手放すかもしれませんね。

 

 

・今回初取得の「ホットランド」も到着です。優待券の柄がかわいいですね!

-------------------------------------------------

2017年10月2日現在
☆ホットランド
市場:東証1部
業種:小売業
優待月:優待権利確定月(6月・12月)
株価: 1,486円(148,600円必要)
年間配当金: 5円(税引き前500円)
優待情報:100株の株主には、半年ごとに1,500円分(年間3,000円)の優待券。
-------------------------------------------------

f:id:akipuyo:20171002165945j:plain

f:id:akipuyo:20171002165958j:plain

ホットランドは、たこ焼き「築地銀だこ」が主柱で、たい焼き「銀のあん」も展開し、台湾、香港などアジア軸に海外進出しています。業績は売上も順調にのびているし、拡大していくことが期待できます。マザーズからの東証1部への昇格、株主優待の改善など会社としては頑張っている感じはします。ですが、財務面がやや不安ですね。

 

優待券の方は、1,000株保有すると半年ごとに15,000円分(年間30,000円)頂けることになりますが、何事にも欲張らずほどほどが良いかと思いますよ。ここの会社のいい所は保有株数が増えても、優待額を減額しないところですね。100株の10倍が1,000株株主の優待額になります。

 

 この優待券で使える店舗は、築地銀だこ、銀だこハイボール酒場、銀のあん、クロワッサンたい焼、コールドストーン、天ぷらからり、たこ焼大釜屋、コーヒービーン&ティーリーフ、トシスタイル、キッシュヨロイヅカ、ラキッシュのようです。

 

色んな所で使用は可能ですので、近くに店舗がある方は優待の権利を取ってみてくださいね。金券ショップ等での入手も可能ですよ。