株式素人投資家の株主優待記録ノート

リアルに約10年かけて元金65万円を30倍にした素人が、株主優待の話題を紹介していきます

近所に松屋フーズがある人はぜひぜひ株主優待の使用をねっ☆


スポンサーリンク

松屋フーズの情報や優待券について書いて行くよ☆

 

株主優待券の使用について

f:id:akipuyo:20170714222930j:plain

 株主優待の使用に関しては、「松屋」の店舗のみならず、「松のや・松乃屋・チキン亭」などのカツ専門店でも利用できます。株主優待券の裏側を見ていただくと、項目ごとに記入する欄があり、前もって記入するかその場で記入して店員さんに渡すだけで注文が完了します。1枚につき1商品(定食など)と交換になります。

 

1枚何円とかいう株主優待券ではないため、比較的に使いやすく、現金も持っていかなくてよいので非常に助かります。ちなみに、ヤフオクなどでは1枚600円前後で購入可能ですので、単価の高い定食などの注文に際して、事前に所持しておいた方がいいかもしれないですね!定番の「カルビ焼肉定食(630円)+ごはん大盛(60円)」690円で頼む方は優待券使用する方がお得だと思うよ。

 

しかし、どの商品(新商品等)でも使えるわけではないので、事前に松屋フーズの公式HPを見ておいて、どの商品が引換可能かチェックしておく必要があります。昔は比較的なんでもいけた気がするのですがね(ごはん特盛とかも)。毎回頼む物によっては優待券の価値が変わるため、高い定食などを頼めたらすごく儲かった感がありますよ。

 

株主優待の改悪や使用方法の制限など色々あった松屋が今の優待券の使用方法で落ち着いています。これ以上は悪くならないで欲しいですね。お願いしますよ!松屋フーズさん!!

タッチパネル方式での注文方法について

f:id:akipuyo:20170714202110j:plain

注文方法ですが、株主優待を使用するまでもない(金額の低い牛丼単品等)物のお食事される時には、店舗設置の券売機で購入します。安いものを頼むときは優待券使うのもったいないですね。

 

今現在は、タッチパネル方式の券売機になっています。昔はアナログのお金入れて、ボタン押して、券が落ちてくるタイプでしたが、今のタッチパネル方式を見ていると時代の流れを感じますね。みんな、スマホ使いますもんね。

 

方法は簡単で、画面をタッチして、自分の好きなメニューを開いて会計するだけです。もし単品で欲しいものが別にあるなら、もう一度初めの画面(写真の画面)からそのメニューを開いて会計します。LINEやスマホアプリなどのQRコードなどの割引クーポンをお持ちの方は写真の下の方のクーポンの部分にかざせば適用できると思います。

 

なお、交通系電子マネーでのお支払いも可能なため、現金を持ち運ぶ心配もありません。その場合は、会計時に電子マネーで写真の右下の部分にタッチするだけで会計完了で発券できます。

 

外国語にも対応できるようになったし、見やすくなったし本当便利になったね! 

楽しみ方について

f:id:akipuyo:20170714202146j:plain

f:id:akipuyo:20170714202127j:plain

 これは本当に邪道です。自分しかしているの見たことないです☆

 

松屋にご飯を食べに行くとき、いつも思うのですが調味料多すぎです!紅ショウガ・七味唐辛子・カルビのたれ・焼肉のたれ・ポン酢のたれ・フレンチドレッシング・胡麻ドレッシング・醤油。こんなにいるのかい?とにかく、あればあったで何か使用したくなる性格なので、自分流の食べ方で調味料を使っています。ここは、丸亀製麺の天丼ごはんと似てますね。

 

私はいつも、定食を頼むとき一緒に「温泉たまご」か「生卵」も単品で頼んでおいて、ごはんの中央を凹ませて、紅ショウガをひいて、ごはんに軽く七味唐辛子をざっとかけ、その中央に卵を載せ、さらにごはんの上から「カルビのたれ」を一周半かけて混ぜて食べています。時折定食についているサラダを少し載せてまぜる。

 

すみませんね、見苦しい食べ方で(汗 でも、わたしは松屋に来ると楽しみながらお食事しています。無感動に食べるより満足感を得たいのでね。

 

皆さんもぜひ、楽しみながらお食事して見てくださいね!

株式情報について

-------------------------------------------------

2017年7月17日現在

☆松屋フーズ

市場:東証1部

業種:小売業

優待月:優待権利確定月(3月)

株価: 4,145円(415,500円必要)

年間配当金:24円(税引き前2,400円)

優待情報:100株の株主には、優待お食事券10枚(10枚すべて返送して自社製品のセットに交換も可能)。

-------------------------------------------------